3歳からバイリンガルを目指すなら

OLIVE TREE International Christian School

FAQ/ プリスクール/ 英語力についての質問


Q. どれぐらいの英語力が期待できますか?


A. もちろん個人差がありますので、結果を保証することはできませんが、私たちの経験上「3年間通って」いただいて「スクールからの課題」、「Englishアフタースクールケア」を活用していただいた場合、K5(年長)の学年では外国人の先生の言うことがほとんど理解できて自由にコミュニケーションをとることができるようになっています。(今いる生徒も3歳の時はまったく英語経験がありませんでした。)

 昨年卒業した生徒がアメリカの公立小学校に入学しても学年を下げることなく向こうのお子様と同じ学年で学校に入学できた実績があります。


Q. 保護者が英語ができなくても問題はありませんか?


A. 全く問題ございません。『保護者の英語力』よりも『保護者の主体的な英語環境作り』の方が重要です。

 

当スクールではオンラインカリキュラム($35/年・自動更新)としてご自宅でご利用できるアプリがございます。

 

スクールで習ったものと同じ内容がご自宅でも復習できるようになっていますので、ネイティブスピーカーの発音で何回も復習ができます。

 

また、ご自宅での英語環境の整えかたなども必要に応じてお伝えさせていただいています。


Q. 数年後に会社の転勤で海外赴任が決まっていますが、子供が海外の学校に行く場合、現地の学校に入れるレベルになりますか?それとも現地の日本語学校に行った方がいいですか?


A. 当スクールは可能な限りアメリカの幼稚園のレベルに合わせて運営されていますので、一般的な海外の小学校に入っても対応できるレベルの英語力をスクールの目標としています。

 実際当スクールを卒業してアメリカの公立小学校に編入した生徒は、問題なく編入することができ保護者も驚かれていました。


Q. 家庭の都合上子供の休みが多くなるのですが、それでも英語力は成長しますか?


A. 残念ながらお休みが多い生徒は、本来習うべきことを習えなくなってしまい授業を続けることが難しくなると思います。

 

 また、ネイティブの子供達は365日もっと英語を使う環境にいるわけですから、スクールだけが英語環境ではありません。

 

 当スクールも「プリスクール」だけではなく、「Englishアフタースクールケア」や「オンラインカリキュラム」もすべて活用してより多く英語に触れる機会を増やすことを推奨しています。

 

 これまでの経験上、K5(年長)の終わり頃に英語で流暢に外国人の先生とやりとりできるレベルになる生徒はもれなく上記のスクールが推奨する内容をこなされています。


Q. K3(年少)の学年は週4と週5から選べるようになっていますが、英語力に差はでませんか?


A. はい。結論から申しますと、週5日通われている生徒と、週4日の生徒はやはり差が出てしまいます。

 

ただ、K3(年少)のお子様の場合お子様によって成長段階が違いますので、体力面で週5日が難しい場合もあります。

 

 1学期は週4日で来られて体力ができた夏休み明けの9月や10月から週5日に変更して通われるお子様が多いです。

 

 お子様の成長段階に合わせて調整されることをお勧めします。