インターナショナルプリスクールを卒業した後は?


保護者の皆様からよく相談されるご質問の一つに、インターナショナルプリスクール(幼稚園型インターナショナルスクールなど)を卒業した後の学習方法があります。 

 

これまで2年ないし3年ほど毎日英語を学んで来られた生徒の多くは、小学校から日本の公立小学校や私立小学校に通うことになります。

 

ごく一部の生徒だけがインターナショナルスクールの小学部や保護者の転勤により海外の小学校に行くことになりますが、ほんの一握りの生徒だけです。

 

通常の場合ここでの選択肢は大きく分けて3つになります。①『オンラインの英会話で継続させる』、②『英会話スクールの個人レッスンを取る』、③『インターナショナルプリスクールの卒業後プログラムに参加する』です。

 

①の『オンラインの英会話』はアジアの英語圏の方とオンラインを通じて英語でコミュニケーションをとったり、自由な時間にレッスンを受けられることから最近人気のスタイルです。メリットは『価格が比較的安い』ことです。

 

②の『英会話スクールの個人レッスン』は他のグループレッスンとは違いお子様のレベルに合わせて授業をしてくれますので、メリットは『高いレベルのレッスンが受けやすい』ことです。

 

③の『インターナショナルプリスクール卒業後プログラム』はこれまで慣れ親しんだインターナショナルプリスクールが経営したりしている場合が多いので、先生も馴染みの先生がいたり『生徒の状況を把握したレッスンが受けられる』ことがメリットだと思います。

 

しかし、これらのレッスンにも共通して起こる問題があります。ネイティブスピーカーの先生たちの多くは、実はこのことが日本でバイリンガル教育を行うことを難しくしている深刻な問題だと思っています。

それはプリスクールを卒業したお子様のレベルとESL ( English as a second language)向けのテキストのギャップです。

 

幼少の時からインターナショナルプリスクールで生活してきた生徒の英語力はネイティブとまでは言いませんが、かなりしっかりとした基礎ができあがり流暢にコミュニケーションも取れるようになります。

 

しかし、その英語力に合わせてテキストを探すと日本にはESL向けのテキストがほとんどなので、最低でも中学生以上が理解できるような内容になっているテキストが一般的です。

 

しかし、小学生になったばかりの生徒に中学生や大人が理解できるような内容をさせても英語力はあっても知的な面でチンプンカンプンな場合がほとんどで、これでは子供の興味も削がれあまり長続きはしません。

 

だからと言って年齢にテキストを合わせると、英語を始めたばかりのお子様向けのテキストになってしまい、プリスクールを卒業した生徒には簡単すぎて何の意味もありません。

 

このことがクリアできていないのでインターナショナルプリスクールを卒業した生徒の保護者が英語学習の継続の難しさを感じてしまう大きな原因となってしまうのです。

 

そのためインターナショナルプリスクールを卒業したら、出来るだけネイティブスピーカーの小学生が使うようなテキストを用いてレッスンをしているスクールを探されることをお勧めします。

 

もし私たちのスクールのある吹田市江坂が通学可能なエリアでしたら、私たちのスクールにもご相談くだされば私たちにできる限りで情報提供させていただきますので一度ご相談ください。

 

プリスクールを卒業したら