そもそも子供に英語を習わせる目的は?②


吹田市 江坂  オリーブ・ツリー・インターナショナル・プリスクール
吹田市 江坂  オリーブ・ツリー・インターナショナル・プリスクール

ここで話を戻しますが、最初の①の質問、「英語を習わすメリットは何か?」、②の質問「どのレベルの英語力を目標にするのか?」についてもう一度良く考えていただきたいのです。

 

 子供に英語を習わしたい保護者の皆様は子供の将来の幸せを願って、大人になったときに社会人として必要な一つのスキルとして、英語を身に付けさせたいと考えているはずです。

 

しかも、日本だけに留まらず言語の壁を越えて自由に世界中の人たちと交流ができる。

 

新しい情報や知識を世界中から得ることができる。

 

自分の考えを自由に外国の人たちにも表現できる。

 

そのような夢を持って子供に英語を習わせることにメリットがあると考えられているはずです。

 

そうなんです。英語が出来るということは言葉の壁を越えて自由に世界の情報に繋がることができて、日本という枠だけに縛られる必要がなくなるというメリットがあるのです。(このことは近年インターネットの発達により、さらに重要度が増しています。)

 

しかし、ここ最近のテクノロジーの発展により、ほとんどの海外の文章は翻訳ソフトでも読めるようになりました。

 

しかも、英語の読み書きだけなら日本の学校教育で習う英語で十分理解することができます。それでもまだ英語を習う理由は何でしょうか?

 

それは会話によるコミニケーションができるようになるためです。これだけテクノロジーが発展したとしてもコミニケーションの基本はやはり言葉による会話であることは変わらないのです。

 

翻訳ソフトでは人と人との本当の意味でのコミニケーションはとることができないでしょう。しかし、完全な英語ではなくても、自分の思いを相手に通じるように表現することができて、相手の思いを十分に理解することができる英語力があるならば、言葉や文化を超えて人と人として通じ合うことができるのです。

 

そして、社会人になり、仕事の専門性も上がった状態で、さらにこのような英語力があればビジネスの領域においても可能性を広げることができるのです。しかも世界的にです。

 

世界で最も公用語として話されている言語が英語です。そのため、英語の文献やネットの情報も『英語の情報』と『他の言語の情報』では、まったく質量が違うのです。

 

これらの情報を活用して世界の人たちともコミュニケーションが取れる。これが本来目指すべき英語力のレベルだと思います。

 

これらの目標が明確になれば、自ずと保護者が子供のためにできることの優先順位は決まってきます。

 

そうです。発音やリスニングを重視したネイティブによる英語学習を優先していけば良いのです。日本においては『インターナショナルプリスクール 』が最善の選択だと私は思います。

 

では次回は『インターナショナル・プリスクール 』の活用方法について考えてみたいと思います。

 

『インターナショナル・プリスクール は本当に意味があるのか?』をご覧ください。