子供の英語、いつから始める?②


吹田市江坂 オリーブ・ツリー・インターナショナル・クリスチャンスクール
吹田市江坂 オリーブ・ツリー・インターナショナル・クリスチャンスクール

子供の英語教育を考えた場合、英語教育を始める時期は早ければ早いほど、有利になることはご理解いただけたことと思います。

 

それはたとえインターナショナル・プリスクールに行く場合にも当てはまります。

 

実際、学校によっては小学校1年生から、インターナショナル・スクールに入ってくる生徒もたまにいますが、幼稚園の間に全く英語経験がない場合は、1.2年生の間はかなり苦労します。正直挫折する生徒もたくさんいます。

 

外国人のお子様が日本の小学校に転校してくることを想像していただければ容易に状況がご理解いただけると思います。

 

ですから経済的にもゆとりがあり、インターナショナル・スクールにお子様を通わせることに問題がない場合は、何も迷う必要はありません。

 

今すぐに幼稚園からインターナショナル・プリスクールに入園させることをお薦めします。

 

私たちのインターナショナル・スクールのある大阪の吹田市や北摂地域ではインターナショナル・スクールには数に限りがありますので、お子様が入園する年齢以前でも早めにスクールに問い合わせて、予約されることをお勧めします。

 

 実際のところ私たちのインターナショナル・プリスクール(吹田市江坂オリーブツリー・インターナショナル・プリスクール )でもK4(年中)、K5(年長)からの入学には条件があり、「他のプリスクール からの転入生」「帰国子女」「ネイティブスピーカー家庭のお子様」また当スクールの校長が入学可能と判断した生徒などに絞らせていただいています。

 

 理由は、多くの生徒はK3(年少)から入学されておりすでに1年間ネイティブの英語環境で基礎が準備された状態でK4(年中)、K5(年長)を迎えていますので、全くの英語ゼロからカリキュラムを行うのは現実的ではないからです。

 

 しかし、全ての方がインターナショナルスクールに入学させることができるわけではないのが実情だと思います。

 

兄弟姉妹がいる場合や、共働きの場合など学校がいつも近くに有るわけではありませんので、送り迎えの問題も発生してきます。

 

そのため恐らくこちらの方が一般的だと思いますが、やはり身近な選択肢は「英会話スクール・子供英語教室」だと思います。

 

この「英会話スクール・子供英語教室」を検討されている方も、いつ頃から通わせるのが良いのか?

 

という疑問があると思いますが、やはりお子様の言語習得能力が柔軟なうちに、良い「英会話スクール・子供英語教室」を見つけられることをお勧めします。

 

その場合、生徒の興味を引き出し、生徒が間違ったり発言したりすることを恐れずに授業をしてくれる評判の良い講師がいる「英会話スクール・子供英語教室」を見つけて下さい。

 

ほとんどの場合、評判の良い英会話スクールとは、子供を飽きさせない講師がいる「英会話スクール」です。もっと年が小さいうちは「放課後の英語保育」なども最近は見受けらるようになりました。

 

さらに言うと講師が良い講師かどうか?だけでは十分ではありません。

 

なぜなら以前のブログでもお話したように、英会話スクールだけでは英語の学習量が圧倒的に少ないからです。

 

良い講師のレッスンを受けなおかつ家庭での継続学習が整ってやっと将来のために意味のある英語学習になるからです。

 

では、インターナショナルスクールに比べて学習量が劣る英会話スクールはどのように活用するのがベストでしょうか?

 

それは学校英語が単なる受験の道具にならないように、あらかじめ「4技能」を習得できるように英会話スクールや英会話教室を活用すれば良いのです。

 

次回は英会話スクールを活用する場合の注意点について考えてみたいと思います。

 

「子供の英語、英会話スクールに行ったことを無駄にしないために。」をご覧ください。