子供の英語、いつから始める?①


吹田市江坂 オリーブ・ツリー・インターナショナル・クリスチャンスクール
吹田市江坂 オリーブ・ツリー・インターナショナル・クリスチャンスクール

これまで述べてきました内容からも中学生以降に英語を本格的に習おうと思っても、クラブ活動や受験準備に追われて、コミニケーションを図る為の「生きた英語」を習得するのは現実的ではないことはご理解いただけたことと思います。

 

 そうなんです。中学生以降になると受験型の勉強に追われてしまい、長期的な英語の学習は困難になるのです。

 
ではどういった生徒が中学生以降も学校の受験型の勉強もこなしながら、将来役に立つ英語を身につけていけているのでしょうか?
 
それは全てとは言いませんがほとんどの生徒が、中学入学までにフォニックスや発音の基礎を習得し、正しく英語の発声を習った生徒です。
これはいわゆる英語教材をやったり、自習型の教室に通ったということではありません。
フォニックスは基礎の基礎で、フォニックスプラスαでちゃんと文字が読めてそれを音声にすることが出来るレベルになった生徒です。
そこまでを中学生になるまでの段階で習得出来ていれば、中学、高校で習う読み書き中心の受験準備型英語の授業も全て意味のあるものとなります。
実際そういった生徒は学校の英語を、どんどんと進めることが出来ますので余った時間で他の教科を勉強することが出来ます。
当然受験でも有利になります。
 
最初の質問に戻りますが、ではいつから始めれば良いのか?
それは早ければ早いほど良いのです。実際、始める年齢が早ければ早いほど発音がネイティブに近くなると言われています。
それはまだ日本語が固まる前の柔軟な状態の時に英語も吸収してしまうからだと思います。
 次回もさらにこのテーマについて考えてみたいと思います。